Advertisements

避けるべき関節炎の原因となる食品10選

Advertisements

毎年、新たに約300万人が関節炎と診断されていると言われています。関節炎は、痛み、腫れ、こわばり、運動能力の低下などの症状があります。関節炎は非常に一般的な疾患で、通常は炎症を抑える薬や痛みを和らげる薬で治療されますが、ある種の食生活を送ることでリスクを減らすこともできます。

関節炎財団によると、関節炎を患っている人は、揚げ物や加工食品、乳製品、砂糖などを避け、抗炎症作用のある食事をするべきだとしています。ただし、これらの食品を避けたからといって、必ずしも関節炎の痛みが治るわけではないことに注意してください。

ここでは、関節炎の人が食べてはいけない最悪のものをご紹介します。

次のページを開いて、関節炎の原因となる食品について読み続けてください…

キャンディー

キャンディーは糖分が多く含まれているため、常に適度に摂取すべきものです。血糖値が上昇し始めると、サイトカインと呼ばれる体内の炎症反応が引き起こされます。これにより、関節炎の症状が強くなります。

甘いものが食べたい人は、お菓子を食べずに、新鮮な果物やナッツ、ヒマワリの種などのヘルシーなものを食べましょう。砂糖の中でも最も良くないのは、主にお菓子に含まれている加工品です。

次のページを開いて、関節炎を引き起こす他の食品について読み続けてください…

トマト

トマトは果物ですが、関節炎の方に悪影響を及ぼす可能性があります。責任ある医療のための医師委員会」は、トマトがナイトシェード植物のグループに属すると述べています。ナイトシェードには、炎症を悪化させる有害物質が含まれています。

トマトは様々な料理に使われていますが、関節炎の人は症状を悪化させないような代用品を見つけ出す必要があります。リンゴ、洋ナシ、インゲン、ホウレンソウなどの野菜や果物が適しています。

次のページを開いて、関節炎を引き起こす他の食品について読み続けてください…

フライドポテト

フレンチフライは誰にとっても栄養価が高いとは言えませんが、関節炎患者には特に避けた方がいいでしょう。マウントサイナイ医科大学がフライドポテトに関する研究を行ったところ、食べる量が少ないほど「炎症が抑えられ、実際に体の自然な防御力の回復に役立つ」という結果が出ました。

次のページを開いて、関節炎を引き起こす他の食品について読み続けてください…

ベーコン


ベーコンは、サラダやドーナツ、ハンバーガーなどに加えられており、アメリカで最も人気のある食べ物の1つです。また、コレステロール値を高め、心臓病のリスクを高める飽和脂肪がたっぷり含まれています。Health.comによると、2015年にベーコンが発がん性物質によりがんを引き起こすという研究があったそうです。

ベーコンが関節炎患者の生活にどれだけ影響を与えるかは、その脂肪分と調理された温度によります。

Advertisements


ピザ


ピザはアメリカ人の主食ですが、残念なことに、多くの健康問題を引き起こす可能性があります。チーズ、トマトソース、パン、トッピングの組み合わせは、関節炎の人にこれまでにないレベルの炎症を引き起こします。

症状を誘発する主な原因の1つは、ピザを含む飽和脂肪の多量摂取で、体内の脂肪組織に炎症を引き起こすことです。これは心臓病の原因にもなります。

コーヒーの量を減らす

アメリカ国立医学図書館と国立衛生研究所の研究によると、コーヒーを飲むと関節炎になりやすいことが示唆されています。毎日4杯以上のコーヒーを飲む人は、飲まない人や全く飲まない人に比べて、関節炎を発症する可能性が2倍高かったのです。

コーヒーを飲むことにはいくつかの健康上の利点がありますが、それは常に適度に行われるべきです。すべての状況は異なります。例えば、関節リウマチの人は絶対に避けるべきですが、乾癬性関節炎の人は影響を受けないかもしれません。

また、揚げ物には、体内の特定のタンパク質を損傷させる有害な毒素である、進行性糖化最終生成物が含まれています。フライドポテトに添加されている塩分が、結果的に関節の炎症を引き起こす可能性もあります。


白米の栄養価はゼロ


Advertisements

栄養士のJoy Bauer氏は、精製された炭水化物は、関節炎の人が食べてはいけないものの一つだと主張しています。精製された炭水化物とは、全粒穀物から栄養価の高いふすまと胚芽を取り除いたものです。

精製された炭水化物にサイトカインなどの炎症を誘発する物質が含まれていると、関節炎が悪化します。また、白米には栄養素が含まれていないため、血糖値を上昇させる可能性があります。シリアル、パン、パスタなど、すべての食品を全粒粉のものに変えることをお勧めします。

関節炎患者はアイスクリームを控えるべき

アイスクリームは、世界中の人々に愛されている美味しいお菓子ですが、関節炎患者にとっては悪夢のような存在です。アイスクリームには大量の飽和脂肪と糖分が含まれており、これは炎症を引き起こす片道切符です。

多くの関節炎患者は、Dietary Inflammatory Index(食事性炎症指数)で飽和脂肪が炎症に関係していると主張した後、乳製品を排除しています。幸いなことに、甘いものが好きな人は、ココナッツミルクや大豆などを使った乳製品不使用のアイスクリームを数多く選ぶことができます。

白い小麦粉は炎症を起こしやすい

The Journal of Nutrition誌に掲載された研究によると、白い小麦粉は炎症の主な原因の1つであることがわかりました。白い小麦粉は、プロスタグランジンE3を抑制することで、関節痛に大きな影響を与えるオメガ3の欠乏を助長する」ということを発見しました。オメガ3系が不足すると、心臓病や糖尿病などの病気を発症しやすくなります。

白い小麦粉を含む代表的な食品には、白米、ポテト、パン、クラッカーなどがあります。これらの食品をやめたくない人は、レジスタントスターチを増やすような調理法を検討してみてはいかがでしょうか。

グルテンフリーの生活を心がける

近年、食料品店でもメニューでも、グルテンフリーのものをよく見かけるようになりました。ハーバード・ヘルス・パブリッシングによると、グルテンは小麦、ライ麦、大麦に多く含まれるタンパク質で、小腸の粘膜にダメージを与える可能性があります。

グルテンの影響を受けるのは主にセリアック病の患者ですが、グルテン不耐性の関節炎患者は、グルテンを摂取することで多くの炎症を起こす可能性があります。健康専門家で栄養士のジョイ・バウアー氏も、セリアック病と関節炎は一緒になることが多い自己免疫疾患だと指摘しています。