避けるべき関節炎の原因となる食品10選

毎年、新たに約300万人が関節炎と診断されていると言われています。関節炎は、痛み、腫れ、こわばり、運動能力の低下などの症状があります。関節炎は非常に一般的な疾患で、通常は炎症を抑える薬や痛みを和らげる薬で治療されますが、ある種の食生活を送ることでリスクを減らすこともできます。

関節炎財団によると、関節炎を患っている人は、揚げ物や加工食品、乳製品、砂糖などを避け、抗炎症作用のある食事をするべきだとしています。ただし、これらの食品を避けたからといって、必ずしも関節炎の痛みが治るわけではないことに注意してください。

ここでは、関節炎の人が食べてはいけない最悪のものをご紹介します。

次のページを開いて、関節炎の原因となる食品について読み続けてください…