Advertisements

三つ子の顔を見た医師は、自分の目を疑った!

妊娠と出産は、人生の中でも大きなイベントの1つです。さらに、シングルマザーで三つ子を妊娠したとなれば、さらに大変な思いをするでしょう。出産時の痛みは耐え難いものですが、赤ちゃんを腕に抱くとその痛みが軽減すると言われています。しかし、シンシアの場合は異なっていました。

Advertisements

実はシンシアは、妊娠中に医師からあることを伝えられていました。一体シンシアに何が起こったというのでしょうか。この写真は、シンシアが出産後すぐに撮られた三つ子の写真です。

三つ子の出産

9か月間という長いような短い妊娠生活を過ごし、いよいよ出産の時になりました。陣痛が始まり、シンシアはすでに想像を絶する痛みを感じていました。そして、なんとか三つ子の出産を終えた彼女ですが、赤ちゃんを抱く間もなく、子どもたちは検査室へと連れていかれたのです。次に医師は、驚くべきことをシンシアに伝えました。シンシアは三つ子に何があったのかと不安になりました。なぜ医師はすぐに子どもたちを検査室へと連れてったのでしょうか?子どもたちは無事でしょうか?

驚くべき事実

分別室に移動した後も、シンシアは陣痛の痛みに耐えていました。長い間陣痛に耐え続けていたので、彼女はすでに疲弊しきっています。そして、なんとか辛い陣痛と出産を乗り越えたにも関わらず、我が子を胸に抱くことは許されませんでした。三つ子はすぐに検査を受ける必要があったのです。

しばらくして医師が戻ってきました。彼の表情からして、赤ちゃんに何か問題があったのかもしれないとシンシアは思いました。

赤ちゃんの顔

しばらくの沈黙の後、「どこから説明したらいいのか分かりません」と医師は口を開きました。シンシアは、三つ子に何かあったのかと思い、医師に正直にすべてを話してほしいとお願いしました。そして、医師の話を聞いているうちに、シンシアは言葉を失ったのです。続けて、初めて我が子を見つめたシンシアは、医師が言っていることが嘘でないと確信しました。一体、三つ子に何が起こっていたのでしょうか?まずは、シンシアが妊娠する前まで遡ってみましょう。

シンシアとジョニー・カールトン夫妻

シンシアとジョニー・カールトンは、とても仲の良い夫婦でした。高校で出会い、5年間交際した後に結婚、そして後に娘ナオミにも恵まれました。この写真からも分かるように、誰から見ても幸せに溢れた家庭を築いています。

二人の間から笑顔が消えることはありません。お互いを愛し合い、尊敬し合い、信じ合うことができる相手です。そして、どんなに難しい状況でも、お互いに譲り合って、問題を解決してきました。

娘のナオミ

現在3歳の娘ナオミは、母親に似て茶色の髪と茶色の目を持つかわいい女の子です。最近は友達と遊ぶことが好きでしたが、ナオミには1つ叶えたい夢がありました。それは弟か妹ができることです。

シンシアとジョニーは、いつかはもう一人子どもを授かりたいと思っていましたし、娘の願いも分かっていましたが、今はそのタイミングではないと思っていました。

二人目を作るタイミング

シンシアとジョニーはナオミのことをとても愛していますし、二人目を作りたくないわけではありません。ただ、実際に子ども二人を育てていくとなると、さらにお金が必要になりますが、彼らには子どもを二人育てるだけの金銭的余裕がありませんでした。そのため、二人目を作ることに踏み切れないでいたのです。

もちろん、ナオミが兄弟を欲しがっていることも知っています。しかし、二人目を作るためには、まずは家庭の財政状況を見直す必要がありました。

運命にまかせて

しかし、最終的に彼らは運命に任せるみることにしました。お金のことばかり考えていては、いつまでも経っても赤ちゃんを作るのに踏み出せないかもしれません。また、赤ちゃんができたら、ナオミと同じように愛情たっぷりに育てる自信もありました。

家庭の財政状況が改善されたわけではないですし、不安なこともあります。しかし、何よりも娘のナオミの願いを叶えてあげたいという親としての気持ちが強かったのです。

妊娠するために

まずシンシアは、避妊ピルの服用をやめることにしました。だからといって、積極的に子作りをし始めたというわけではありません。あくまでも運命に任せて、自然な流れで子どもを授かることができたらいいなと彼らは思っていました。もし子どもを授かることができなくても、それはそれで運命だと受け入れるつもりだったのです。

しかし、数か月経っても、シンシアが妊娠することはありませんでした。そのためなのか、シンシアは何か心配事を抱えているようです。彼女は一体何を考えていたのでしょうか?

気持ちの変化

実はシンシアは、ジョニーとの関係について悩んでいたのです。結婚して数年経った後も家庭の財政状況が厳しく、そして何よりも夫への愛情が薄れてしまったことに気づいたのでした。今までおしどり夫婦として知られてきた二人は、お互いに愛し合い、誰よりも近い存在だったはずです。では、なぜ彼女の気持ちは変わってしまったのでしょうか?

シンシアは自分の気持ちをどうにか抑えようとしましたが、気づいてしまった感情に目をつぶることはできませんでした。

新しい出会い

シンシアは、職場や町でよく声をかけられました。そして、夫へのときめきが薄れた頃、ドキドキとさせてくれる男性に出会ったのです。もちろん、後ろめたさがないわけではありません。何度も彼への気持ちを断ち切ろうと試みました。しかし、断ち切ろうと思えば思うほど、彼への気持ちは抑えきれなくなっていったのです。

ジョニーには、まだ彼女の気持ちを話せていません。しかし、そんな時に彼女は病気になってしまったのです。

具合の悪いシンシア

ある朝、シンシアは吐き気や関節痛を感じました。トイレで吐き出そうとしても、一向に気分が優れません。ジョニーはすでに出勤しており、しばらく帰ってこないと分かっていたので、彼女はタクシーを呼んで、一人で近くの診療所に行きました。

初め医師は、彼女にいくつかの質問をすると、シンシアに検査を受けるように言いました。そして、検査結果が出ると、医師は驚くべきことを彼女に伝えたのです。

検査結果

検査結果を聞くため、シンシアは医師と向き合って座りました。彼女はすでに検査結果について予想することができましたが、彼女の心の中には別の男性がいるので、それが現実にならないことを心の中で祈りました。

そして医師は、「妊娠しています。おめでとうございます」とシンシアに伝えました。彼女の頭の中は真っ白になりました。しかし、医師からの結果報告はそれだけではなかったのです。妊娠している以外に何の知らせがあるというのでしょうか?彼女は緊張して、医師が話し続けるのを待ちました。

三つ子だった

続けて医師は、「一人だけではないわよ」と言ったのです。シンシアはさらに驚き、どうゆう意味かと医師に尋ねました。

次に医師から聞いた内容は、今のシンシアにはとても受け入れ難い内容でした。彼女はなんと三つ子を妊娠していたのです。現在シンシアは、他の男性のことを思っており、妊娠さえ望んでいませんでした。彼女は唖然としました。しかしその間も、医師は赤ちゃんが約1か月半であること、そして妊娠中の注意などを説明し続けました。

身動きがとれない

妊娠が発覚する前、シンシアはジョニーと別れようと考えていました。しかし、妊娠していると分かった今、彼女は身動きが取れないように感じました。自分と子どもたちにとって、何が最善の選択なのかを考える必要があります。

さらには、三つ子の妊娠となると、妊娠や出産のリスクが単胎妊娠よりもはるかに高くなります。今後ジョニーと別れるにしても別れないにしても、彼女には考えるべき課題がたくさんありました。

頭の中

家に帰る途中、シンシアの頭の中は今後のことでいっぱいでした。ジョニーには、どうやって妊娠報告をすればいいでしょうか?二人の関係性は、完全に以前のものから異なっています。しかし、妊娠したということは、運命がもう一度ジョニーと向き合うことを望んでいるのでしょうか?

ここ最近は、シンシアはジョニーから愛されていないと感じていました。不満そうにしていても、彼は彼女に何が起こっているのか尋ねようともしません。そんな彼と関係を維持し、子どもたちを育てることが彼女にとっての幸せなのでしょうか?

Advertisements

すべて打ち明けよう

家に到着するころには、彼女は決心することができました。彼女はすべてをジョニーに打ち明けることにしたのです。それから数時間後、何も知らずに家に帰宅したジョニー。シンシアは彼と話し合うために、彼に座るように言いました。

そして彼女は、三つ子を妊娠していること、さらには今の彼女の心情について話しました。すべてを聞いたジョニーは、唖然としました。これからも幸せな家族を築いていこうと思っていたのに、まさかシンシアの気持ちが変わっていたとは思いもよりませんでした。

結婚生活をやり直したい

シンシアの心の内を知り、ジョニーは動揺を隠せませんでした。まさか彼女の気持ちが変わっているとは、想像もしていなかったのです。彼はお互い信頼し合っていれば、いつも通り問題を解決できると思い、シンシアにもう一度結婚生活をやり直そうと頼みました。

しかし、シンシアはもう1つの秘密をジョニーに伝えたのでした。その秘密を知った以上、彼はどうすることもできません。彼が望んでいたのは、幸せな家庭を築いていくことだけだったのに、どこで歯車が狂ってしまったのでしょうか……。

浮気していた

数か月の間、シンシアは浮気をしていたことを認めました。ジョニーと別れて新しく歩き出すには、すべてを打ち明ける必要があるとシンシアは思ったのです。ジョニーは、信じられない思いでした。また、最愛の妻に裏切られてことを知り、惨めな気持ちになりました。

浮気のことを知る前までは、結婚生活をやり直そうと思っていたジョニーですが、事実を知った以上このまま結婚生活を続けるわけにはいきません。彼は妻と離婚することを決めたのでした。

監護権の争い

シンシアとジョニーは、およそ15年間を共に過ごしてきました。その長い月日の中で、二人は結婚をして、子どもを授かり、たくさんの美しい思い出を作ってきました。それなのに、シンシアの心の中からジョニーへの愛情が消えてしまったことを彼はいまだに信じることができません。

シンシアは、なぜ家族を裏切ることができたのでしょうか?結局二人は離婚することを決めましたが、問題はどちらもナオミとお腹の中の子どもの監護権を望んでいたことです。監護権の争いは長引きましたが、裁判官はついに判決を下したのでした。

ナオミの気持ち

裁判所は、母親であるシンシアにナオミの監護権を与えました。一番の大きな要因は、ナオミが母親と一緒に暮らしたいと言ったことです。しかし、三つ子の監護権については、子どもたちが生まれてから決められることになりました。

この判決は、ジョニーにとって決して嬉しいものではありません。しかし、判決が下された以上、現実を受け入れる必要がありました。おしどり夫婦と言われていた二人の結末がこのような悲劇になるとは、誰が想像できたでしょうか……。

不安

シンシアは、ナオミの監護権を取得できたことを喜びました。しかし、彼女は三つ子の監護権を取得できないのではないかと恐れていました。シンシアの弁護士によれば、現状のままでは三つ子の監護権は取得できない可能性が高いと言われていたのです。というのも、三つ子の監護権を決定する際には、経済力が重要となります。しかしシンシアは、ナオミの世話をする余裕はあっても、4人の子どもの育てるだけの経済力がなかったのです。

どちらにとっても難しい時間

ジョニーには、三つ子を養う経済力があり、三つ子の監護権こそは取得したいと考えていました。判決が下される前、ジョニーはナオミの監督権を取得し、さらにシンシアから養育費を受け取る予定でいまいた。

しかし、ジョニーの要求とは反対に、シンシアがナオミの監護権を取得し、さらにはシンシアが経済的なサポートが必要な場合は、ナオミの養育費を払うという判決が下されたのです。ただその場合、シンシアが三つ子の監護権を手放すことが可能性が高くなるでしょう。この判決はどちらにとっても難しい時間を与えたのでした。

憂鬱な日々

シンシアの新しい彼氏のエリックは経済的余裕がなく、彼女を経済的にサポートすることはできませんでした。また、三つ子を妊娠したことで、身体的にも彼女にできることは限られていたのです。体調があまり優れないときには、無理することはなく、エリックとナオミと一緒に家でゆっくりと過ごしました。

しかし、ゆっくりと過ごしていると、色々な考えが頭をよぎります。ジョニーと過ごした日々を思い出しては、彼と別れることが本当に最善だったのかと彼女は考えるようになりました。

今更戻れない

数か月が過ぎましたが、家庭の経済状況は全く改善されません。エリックも最善を尽くしているのですが、なかなか給料のいい仕事を見つけることができずにいました。

ジョニーは昇進し、素敵な犬も購入することができました。さらには、母親になりたい女性と付き合い始め、後は三つ子の監護権を取得するのを待つだけです。このような状況で、シンシアはジョニーと別れたことを後悔していました。

ナオミの新しい生活

まだたったの3歳であるナオミは、何よりも妹や弟が欲しいと思っていました。そして、シンシアとジョニーは、娘の願いを聞いて、今一度赤ちゃんを作ろうと思ったのです。

しかし、二人が別れてからは、ナオミは週末だけ父親とその彼女と一緒に時間を過ごすようになりました。シンシアは、ナオミが父親と以前と変わらない関係性を保つことができてよかったと思う一方、ナオミから父親との時間を奪ってしまったことに申し訳なく感じました。

出産準備

いよいよ出産の時です。シンシアが病院に到着すると、看護師たちが注意深く彼女のケアをしてくれました。一人の出産でもとても大変なのに、三つ子の出産となればその大変さもリスクも3倍になります。医師や看護師たちは、念入りに彼女の出産準備を進めました。

シンシアとエリックが病院にいる間は、ナオミはジョニーに預けられています。ジョニーは、娘のナオミと新しい彼女と一緒に過ごす時間にとても幸せを感じていました。

分別室に移動

やがてシンシアは、分娩室に運ばれました。7時間もの陣痛に耐えてきた彼女は、すでに疲弊していましたが、それでも我が子に会えることを楽しみにしていました。

出産が始まると聞いて、ジョニーとナオミも病院にかけつけました。ジョニーは三つ子の父親なので、シンシアは病院に来ることを止めることはしませんでした。監護権争いのことがあるので、三つ子が生まれた後、医師はあることをする必要がありました。

精神的な負担

シンシアは無事一人目を出産しました。続いて、二人目、三人目の出産もしましたが、子どもたちはすぐに検査室へ連れて行ってしまい、子どもを抱く時間もありませんでした。

子どもが一人の場合でも、出産では壮絶な体験です。それなのに、シンシアはよりリスクが高い三つ子を妊娠し、ジョニーと別れて裁判まで行っていたのですから、彼女への精神的かつ肉体的な負担は相当なものだったに違いありません。

信じられない……

三つ子の出産を終えたシンシアは、疲弊しきっていました。しかし、彼女にはまだ三つ子の監護権について考える必要があったのです。幸いジョニーは、出産直後からその話題に触れることはなく、彼女との距離を保ってくれました。

ジョニーはすぐに三つ子に会わせてほしいと言いましたが、看護師にもう少し待つように言われました。そして医師は、信じられない事実をシンシアに伝えたのです。彼女はその事実に驚きましたが、少し落ち着いてきたのを見て、医師は赤ちゃんを抱くことを許可しました。

親子鑑定

女性は、生まれたばかりの我が子を胸に抱くことで、出産の痛みが和らぐと言われています。しかし、シンシアの場合はすぐに我が子を抱くことができませんでした。医師が赤ちゃんの顔を母親に見せることなく、検査室に連れて行ったのには理由があったのでしょうか?

実は医師は、赤ちゃんに親子鑑定を受けさせていたのです。そしてその結果、子どもの父親はエリックであることが判明しました。

回復

Advertisements

人生において、不変なものはありません。そこで重要なのは、人生の中の変化が私たちに良いことも悪いことももたらすということです。シンシアとジョニーにおいては、二人が子どもを授かろうと避妊をやめたことから、運命が変わり始めました。

ともあれ、ナオミは兄弟ができてとても喜びました。さらには、エリックは収入の良い職業を見つけることができ、ジョニーはナオミの養育費を払うことにも同意してくれました。また、シンシアとジョニーも、ナオミの共同親として関係が改善されたのでした。