生ゴミの正しい捨て方とは?臭いや害虫を抑える処分方法を解説

目次

  • 1. 生ゴミの間違った処理で起こるデメリット
  • 2. 生ゴミの捨て方のコツ
  • 3. 生ゴミの正しい捨て方
  • 4. 生ゴミのエコな捨て方

1. 生ゴミの間違った処理で起こるデメリット

生ゴミを間違った方法で処理すると、以下のようなデメリットにつながるため注意しよう。

害虫が発生する

生ゴミの臭いを好むコバエやゴキブリのような害虫が発生する。三角コーナーやゴミ箱などに生ゴミを長時間放置すると腐敗臭を放つため、害虫を寄せ付けてしまうのだ。

悪臭が発生する

生ゴミの悪臭の原因は雑菌だ。嫌気性微生物という微生物が生ゴミを分解する際に有害物質を発生させ、これが臭いの原因になるといわれている。嫌気性微生物は酸素がなくても増殖が可能であり、湿気た環境を好む。生ゴミをビニール袋に入れて密閉した状態は、まさに嫌気性微生物が繁殖する絶好の環境なのだ。

カビの原因になる

生ゴミは主に食品カスと水分のため、カビが発生する原因となる。カビの胞子が空気中に広がり、付着した場所にまたカビが発生してしまう。カビの胞子を吸い込むと、人体へも悪影響を与える危険がある。

2. 生ゴミの捨て方のコツ

上述したデメリットを回避するために、生ゴミの捨て方のコツを解説しよう。以下の5つのコツを押さえれば、生ゴミの腐敗臭や害虫発生といったトラブルの軽減につながる。

きちんと水切りする

生ゴミの悪臭の原因になる雑菌は高温多湿を好む。そのため、きちんと生ゴミの水切りを行うのが重要だ。

なるべく水分に触れさせない

上記のとおり、生ゴミをできるだけ水分に触れさせないのがポイント。料理中も可能な限り生ゴミをぬらさない工夫をするとよい。たとえば、野菜や果物の皮むきは広げた新聞紙の上で行い、そのまま包んで捨てる。新聞紙がない場合は広告やお店でもらうチラシ、雑誌でも代用可能だ。

食べ残しは新聞紙に入れる

食べ残した料理を捨てる際も、ぬらさない工夫をする。新聞紙でゴミ捨てパックを作り、そこへ捨てるのがおすすめだ。こうすることで、水でぬれるシンクに生ゴミを増やすことがない。

重曹を振りかける

すでに悪臭を放っている生ゴミは、レジ袋に入れて重曹を振りかけるとよい。時間がたって酸化した生ゴミは、より強い臭いを放つ。アルカリ性の性質を持つ重曹を振りかけることで中和し、消臭効果を期待できるのだ。

冷凍する

生ゴミの臭いを断つには、冷凍するのが効果的だ。冷凍すれば雑菌の活動を抑制できる。水気をしっかりと切ってから冷凍し、ゴミ捨ての直前に取り出せば臭いに悩まされることもない。

3. 生ゴミの正しい捨て方

生ゴミの捨て方のコツを押さえたら、正しい捨て方で処分しよう。

生ゴミを正しく分別する

生ゴミは燃えるゴミに分別される。また、しっかりと水を切ることで重量を10%ほど減らせるともいわれており、燃焼効率が上がるためゴミの処理費用削減にも貢献できるのだ。上記で解説したとおり、臭いの抑制にもなる。水を切って、正しく分別してから捨てよう。

粗大ゴミ回収業者を利用する手もある

生ゴミがたまり、悪臭や害虫が発生しているといった状況では、自身での処分を躊躇するかもしれない。このような状況になった場合におすすめの生ゴミの捨て方は、粗大ゴミ回収業者へ依頼する方法だ。粗大ゴミ回収業者であれば、回収から処分まで任せられる。中には害虫駆除まで依頼可能な業者もあるため、相談してみるのもよいだろう。

4. 生ゴミのエコな捨て方

生ゴミは燃えるゴミとして捨てるのが基本と解説したが、より手間をかけず、なおかつエコな捨て方がある。生ゴミ処理機を使用する方法だ。生ゴミ処理機には「乾燥式」と「バイオ式」の2種類がある。乾燥式は生ゴミの水分を蒸発させて乾燥させるタイプ。小型で比較的リーズナブルな製品が多い。バイオ式は、生ゴミを微生物に分解させるタイプだ。処理した生ゴミは、家庭菜園の肥料にできる。生ゴミの悪臭や害虫を発生させたくない、手間をかけたくない方は、生ゴミ処理機の使用も検討しよう。

結論

生ゴミは長時間置いておくと、嫌な臭いや害虫が発生するといったデメリットにつながる。当記事で解説した捨て方のコツを押さえ、正しく処分しよう。手間をかけないエコな捨て方が気になる方には、生ゴミ処理機の使用もおすすめだ。料理をすると生ゴミは出るものだが、キッチンは清潔にしておきたい空間。生ゴミの正しい捨て方を覚えておこう。