Advertisements

がんのリスクを下げることができる20の食品

Advertisements

がん予防には食事が有効

英国がん研究会によると、2人に1人が人生のどこかでがんにかかると言われています。毎年、約36万人がこの病気と診断されています。私たち人間に影響を与える可能性のある健康状態の中で、最も恐怖心を抱かせるものは、おそらく「がん」でしょう。がん」という言葉を聞くだけでも十分怖いのに、さらに、がんになるリスクを高めるようなことを言われ続けているのですから。

そこで今回は、がんを予防したり、がんのリスクを下げたりするのに役立つ食品についてご紹介します。がんは複雑で多面的な病気ですが、健康的な生活を送り、良い食事をし、ストレスやアルコールを最小限に抑え、十分な休息をとることが、がんに対する最大の防御となります。

食生活は、がんのリスクを最小限に抑えるための最も重要な要素の1つですが、がんにならないことを保証する食べ物はありません。しかし、Cancer Research UKは、健康的でバランスのとれた食事をすることで、がんのリスクを減らすことができるとしています。これは、食事自体の効果もありますが、主に健康的な体重を維持することによるものです。また、がんのリスクを減らすためには、個々の食品よりも全体的な食生活(日々の食事内容)の方が重要であるとしています。そこで今回は、できるだけ健康を維持するために食生活に取り入れたい20の食品をご紹介します。